観葉植物の育て方まとめ

日々の暮らしにグリーンを楽しむ観葉植物は、家庭やオフィスなど様々な場所で人気です。
その一方で、上手に育てられずに枯らせてしまうという悩みや日々の手入れに不安を感じている方を伺います。
観葉植物自体は丈夫な植物なので、初心者の方にも楽しく育てていただけます。上手に育てるポイントをまとめました。

観葉植物の上手な育て方のポイントは

アメリカやアフリカなどの雨が少なく乾燥した地域の植物を家庭用に商品化したものです。
それ故に生命力が強く、育てる手間がかからず、栽培初心者の方でもおすすめです。

しかし、実際に育ててみるとすぐに枯れてしまったり、冬を越せなかったりとトラブルが起きたりそんな経験がありますよね。
そんな植物達を元気に長持ちさせる育て方の工夫をご紹介します。

水やりのPoint

Point1.水やりはタイミング
観葉植物は乾燥した地域が原産なので、土がじめじめした状態を嫌います。育てる時は、水やりを控えめにするのがポイントです。土の中まで完全に乾燥しているのを確かめてから、鉢底の穴から水流れるまでたっぷりと与えます。その後、受け皿に水を必ず捨てるようにしましょう。

Point2.水の与えすぎは厳禁
育て方を失敗してしまう一番の原因は、水の与え過ぎなのです。観葉植物を初めて購入し、育て始めた方は、水を頻繁に与えれば元気に育つと思いがちです。
しかし、観葉植物の種類によっては水を頻繁に与えてしまうと根腐れを起こして枯れてしまうものもあります。理想的な育て方としては、

Point3.水やりの時間に注意すること
水やりを行う時間帯を気をつけることも大切です。日差しが強い日中に水やりをしてしまうと、土の中の温度が高くなって根が傷んでしまいます。